« 麻生久美子さん主演の「eiko」を観た | メイン | トゥルーマン・ショー×名犬ラッシーの「ボルト」 »

2009/08/01

家族×ゲームで日本アニメ映画に新たな金字塔を打ち立てた「サマーウォーズ」

こんなに笑って泣けて興奮できるアニメを観たのは、生まれて初めてかもしれません。

あくまでも個人的な感想ですが、少なくとも、「となりのトトロ」以降の宮崎駿映画よりはずっと面白い。

「風の谷のナウシカ」「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」と並んで、日本を代表する三大アニメと言ったら言い過ぎでしょうか。

そのことを知ってか、観客の多いこと多いこと。

前評判の良い映画でも面白くないことは珍しくないので、多少余裕を持って初回を観に行ったのが運のつき。

「夕方の回まで満席で、ご覧になれるのは20:15の回です」

と言われビックリ。

公開初日×映画日×夏休みという条件がそろっていたとはいえ、夕方の回まで満席で別の映画館に足を運んだのははじめてです。

でも、最終的には大興奮の観客達と感動を共有できてHappyでした。

  

「サマーウォーズ」オフィシャルサイト

評価 ★★★★★

  

ストーリー

天才的な数学力を持った平凡な高校生である健二は、あこがれの先輩である夏希からバイトを頼まれる。

足を運んだのは、夏希の田舎。

そこで彼は、夏希のフィアンセとして大家族に紹介される。

そんな折り、生活の生命線であるOZ(オズ。基本はセカンドライフのようなバーチャルワールドだが、リアルワールドとも密接に関連している)の世界で異常が発生し、交通機関などが麻痺。

原因は、優秀な科学者がつくったAI(人工知能)である「ラブマシーン」だった。

そして、健二は夏希の家族達と一緒にラブマシーンと対決することになる。

「彼らはラブマシーンを倒し世界を救うことができるのか」「健二と夏希の関係はどうなるのか」というお話。

  

見どころ

●家族が一致団結してラブマシーンと対決するシーン

武家の血を引く90歳のおばあちゃんの統率力。

数学オリンピック日本代表にあと一歩だった、健二の数学力。

子どもの頃からつちかった、夏希のこいこい(花札のひとつの遊び方)のスキル。

OZマーシャルアーツの世界的チャンピオンである、佳主馬(かずま)の格闘技力。

負け戦でも最後まで勝つ事をあきらめない、陣内一族の団結力。

それぞれの強みを活かしながら、陣内家が全力で強敵ラブマシーンに立ち向かっていくシーンは、ゲーマーであるなしにかかわらず観ていてワクワクします。

健二のアカウントを乗っ取ったばかりの、ラブマシーンの崩れたアバターも、悪者としては十分魅力的です。

欲を言えば、ラブマシーンの第2変体、第3変体はもう少しクレージーなキャラでもよかった気がしますが。

ゲームを提案してラブマシーンの気を惹くくだりは、映画「ウォーゲーム」の最後で、オセロの対戦を申し込んだシーンのパクリと言えなくもありません。

でも、「日本の古典ゲームである花札を出したこと」「カジノシーンのビジュアルが華やかでとてもよくできていたこと」「夏希のアバターがかわいらしかったこと」から、単なる真似ではなく十分オリジナリティ溢れる演出だったと言えます。

  

ちなみに、OZ(オズ)と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、ファンタジー映画の「オズの魔法使い」。

それに加えて、家族を題材にした傑作映画を多く輩出した昭和の映画監督、小津安二郎へのオマージュではないかとの意見もあるようです。

さすがに、私もその世代ではないのですが、彼は、東京の深川で生まれたとのことで、先日、散歩の途中でたまたま、彼の展示がされている古石場文化センターに立ち寄りました。

下記はその時の写真です。

IMGP0992.JPG


IMGP0993.JPG


IMGP0994.JPG


IMGP0995.JPG


「なんでもないことは流行に従う。

重大なことは道徳に従う。

芸術のことは自分に従う。」

人生の指針になり得る含蓄のある言葉だと思い、思わずシャッターを切りました。

入館料は無料ですので、興味のある方は足を運ばれてはいかがでしょうか。

  

どうせ、秋葉系の若者が観に行く映画だろうとたかをくくっているそこのあなた!

(私もそう思っていた1人ですが)

老若男女を問わず、今回の映画は、観に行かないと本当に損するかもしれませんよ。

細田守監督、あなたは本当に良い仕事をした。

この映画を観た世界中の人々は、日本のアニメ映画に改めて敬意を表することでしょう。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/35541/20791441

この記事へのトラックバック一覧です 家族×ゲームで日本アニメ映画に新たな金字塔を打ち立てた「サマーウォーズ」

» [映画『サマーウォーズ』を観た] トラックバック 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
☆遅番仕事の前に、公開日の朝一発目を観に行きました。  MOVIX昭島のロビーは、他の夏休み映画とともに超混んでいました。  私の『ドラクエ?』の<すれ違い通信>は一気に11人をゲットしました^^  そして、『サマーウォーズ』の館内も超満員!  私は、後ろから二列目の一番ハジの席でした^^    ◇  いや、私、この作品をなめていました。  ある程度の佳作だろうと思っていました。  そしたら、凄まじく面白かったです^^v  ケレン味に欠けますが、『エヴァ:破』に匹敵する高密度・高盛... [続きを読む]

» サマーウォーズ トラックバック 映画君の毎日
●ストーリー●天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女の田舎へ。そこで二人を待っていたのは、大勢の夏希の親せきたちだった。しかも、健二は夏希から「婚約者のふりをして」と頼まれ、親せきの面々に圧倒されなが... [続きを読む]

» ユーチューブ アニメ トラックバック ユーチューブ アニメ
ユーチューブのアニメ作品を紹介していきますよ〜☆ ユーチューブでアニメを楽しむ人のためのブログ♪ ユーチューブでアニメを色々見てみませんか?? [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ツイッター

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

My Photo

  • www.flickr.com
    pato01jp's items Go to pato01jp's photostream

カテゴリー